審査に通りやすい中小消費者金融

審査に通る確率が高く借りやすいのは中堅クラスの金融会社です

大手銀行系のカードローン審査に通らなかった方は、ワンランク下の中堅中小クラスの消費者金融なら審査に通る確率は格段にアップします!

誰も好き好んでカードローンなどの貸金業者でキャッシングをしたいとは思わないはずです。貸金業者でお金を借りれば当然、元金の他に規定の金利を支払わねばなりませんし、契約で決められた支払いを毎月履行していかねばなりません。そういった手間とお金をかけてまで貸金業者からキャッシングをするのですから、借り手には相当な理由が横たわっているものと想像できます。

  • 何らかのトラブルにより緊急な出費が発生
  • 病気による収入の減少
  • どうしても必要な出費が重なったことによる金欠
  • 職場をリストラされて収入元を失う

でも、貸金業者ならどこでも同じとうわけではありません。業者によって貸付条件が違いますし、返済方法も異なってきます。借りる側にとってみれば、少しでも借入条件が有利で尚且つ返済の手間が楽な業者を選択するはずです。

借入条件が良いということは即ち、金利が低いということです。消費者金融業者も顧客獲得競争をしていますから、少しでも顧客を集めるために金利を低く設定している業者もいますから、そういった低金利の業者を選びたいものです。

以下の図表は大手消費者金融業者の金利の時代推移です。現在貸金業法で定められている上限金利は18.0%(10万円〜100万円の借入)と定められていますが、それ以前では法外な金利をどの業者も貪っていたことが浮き彫りとなっています。

大手消費者金融の金利時代推移

今でこそアコムやプロミスも銀行系列となっていますが、過去には法外な金利をとってボロ儲けをしていた時代があったのです。そして現在の金利は低いところでは3.0%程度から上限の18.0%といった、広範囲の設定をしている業者が多いようです。概ね大手と称される貸金業者(アコム、プロミス、アイフル、レイク、モビット)などは、5.0%〜10.0%の範囲で貸し付けているようです。

各大手消費者金融の金利比較

大手消費者金融の審査に通らなかった方

上記に示したように、借入条件の良いのは大手メガバンク系列の消費者金融(カードローン)ですが、借入条件が良い代償として審査基準は厳しく設定されています。誰でも借りれるというわけではありません。特に借入件数が4件以上の多重債務者や、借入総額が年収の三分の一以上ある総量規制対象者などは審査に通る確率は皆無と考えてよいでしょう。以下は審査に通らない主な理由となります。

  • 他社の貸金業者からの借入件数が3件以上→多重債務
  • 現在の借入総額が年収の三分の一以上→総量規制
  • 過去7年以内に自己破産等の債務整理をしている→ブラックリスト
  • 収入に問題がある→無職、期間工
  • 所在確認ができない→住所不定

大手貸金業者で融資を断られた方は、審査基準のゆるい中堅中小の消費者金融をあたってみましょう。中堅業者は大手と比べると格段に融資基準が甘くなりますので、よほどの問題を抱えている方でなければ簡単に審査が通るはずです。

しかも中堅中小の金融会社は全国に数多くありますので、どの業者も顧客獲得競争をしています。そのことから業者はどうしても新規顧客にお金を貸したいと考えているのが本音です。そういった業者の本音を見越した上で、自分に一番有利な条件でキャッシングをしましょう。

消費者金融比較

借入の際の審査基準について

融資を受ける際は、どんなに審査基準が甘い業者であっても必ず審査があります。審査については各業者によって審査基準が異なりますが、審査の項目については、ほぼどの業者も同じです。審査項目については以下のようにものになります。

  • 現在の借入件数0大手業者は特に借入件数をチェックします。3件以上の場合は大手を回避しましょう
  • 現在の借入総額0審査の甘い中堅業者であっても総量規制対象者は審査に通りません。
  • 現在の総収入0多いほど審査で有利になりますが、自由に使えるお金の枠が多いほど有利です。
  • 家族構成0家族構成は独身者のほうが自由に使える枠が高いので審査で有利となります。

上記の項目以外にも信用情報機関の事故情報の有無といった項目や勤続年数といった複数の項目が存在します。現在では、そういった審査項目をコンピュータによるスコアリングシステムによって、自動的に融資の可否を判断しているのです。つまり審査に落とされた方はスコアリングシステムによって自動的に不可とされたことになります。

有利な条件で借りれる中小消費者金融一覧

中小の消費者金融に属する貸金業者は、国内で一番多いことから、すべての業者の貸付条件を把握することは事実上不可能です。したがってここではwebサイト上で申し込みが可能な業者の中で、借入条件の良い業者をピックアップしていますので、参考になさってください。

消費者金融一覧

中小の貸金業者でも比較的審査基準の厳しい業者や、その逆に借入件数が7件でも審査に通るような極甘ファイナンスも存在します。つまり余程の問題を抱えてない限り審査で落とされることはないと考えられますが、中には審査で落とされる場合もあります。そういった方の多くが超多重債務者です。

そういった中小金融会社でも審査に通らない多重債務者は、更にランクを落として個人経営の零細消費者金融をあたってみましょう。以前はそういった審査基準の甘い業者が数多く存在していましたが、昨今からの厳しい規制によりそういった業者の多くは淘汰されてしまいました。つまり多重債務者にはそれ以上の融資をしてはならないという政府の指令です。

しかし、中には地下深く潜行して細々と営業をしている零細業者も存在することは存在しています。そういった業者は表立って宣伝もしていないし看板をあげていませんので、人から人への口コミに頼る他はないでしょう。ただ、何よりも中小消費者金融の審査に通らないような方は、それ以上お金を借りても泥沼に入っていくだけになるだけになりますので、出来るならばそれ以上の融資を回避されたほうが得策かもしれません。

当サイトのご利用について